ショップ紹介
フランス・アルザス地方の小さな村で何百年も前から作られている伝統的な陶器...なんて聞くと、なんとなくわくわくしませんか。trait d'avion(トレダヴィヨン)では、職人さんによってひとつひとつ丁寧に作られるSoufflenheim (スフレンハイム焼き) を中心にアルザス地方の雑貨をお取り扱いしています。
さらに詳しく
店名の由来
スフレンハイム焼きとは
ひとつの器ができるまで
アイテムから探す
アルザス地方ってどんなところ?
陶器のお手入れについて
リンク
アルザス地方ってどんなところ?

スフレンハイム村があるアルザス地方は、パリから東に約500km、ドイツとの国境近くに位置します。フランスとドイツが17世紀から19世紀にかけて何度もアルザス地方の領有権争いを繰り広げたため、この地方は、フランスに属したりドイツに属したり、を繰り返したという歴史があり、現在もなお、ドイツの文化が色濃く残っています。
ここでは、主要都市ストラスブール、コルマール、そして、周辺の村について、写真と共にご紹介いたします。

アルザス地方地図

STRASBOURG /ストラスブール
ストラスブールの人口は約25万人、町の中心にはカテドラル(ノートルダム大聖堂)があり、イル川が流れています。この大聖堂と、コロンバージュと呼ばれるアルザスの伝統的な木組みの家が多いプチット・フランス地区は、ユネスコの世界遺産にも登録されています。そして、欧州議会の会議場もある、国際的な都市です。
また、クリスマスマーケットがとても有名で、フランス国内でも人気があります。12月が年間で一番観光客が増え、町全体がにぎわいます。
そして、忘れてはならないのが、ストラスブール市の鳥、コウノトリ。残念ながら現在は、市内では野生のコウノトリはめったに見られませんが、周辺の村へ行くと、時々遭遇することがあります。
→ストラスブール観光局はこちら(フランス観光開発機構オフィシャルサイト)

ストラスブール
(写真上段左より:アルザスの民族衣装で町を歩く人たち/イル川の遊覧船/コウノトリが飼育されているオランジュリー公園/町の風景/ノートルダム大聖堂.1/ノートルダム大聖堂.2/町の風景/広場のクリスマスツリー/クリスマスの町の風景/雪が降った日)

PETITS VILLAGES/周辺の村
アルザス地方には、スフレンハイム村以外にも、RIBEAUVILLE/リボーヴィレ、RIQUEWIHR/リクヴィル、OBERNAI/オベルネなどたくさんの美しい村があります。また、アルザスはワインの産地としても有名(特に白)。晴れた夏の日に、170 km に渡って続くアルザス・ワイン街道をのんびりドライブするのは最高です。
→アルザスワイン街道について詳細はこちら(フランス観光開発機構オフィシャルサイト)

アルザスワイン街道
(写真上段左より:コロンバージュと呼ばれる木組みの家は壁の色がそれぞれ異なりカラフル。/気持ち良さそうに泳ぐ白鳥/アルザスワイン街道/リクヴィルの村の風景/かわいいお店の看板があちこちに)

COLMAR /コルマール
あの宮崎駿監督のアニメ「ハウルの動く城」のロケ地ともいわれるコルマールは、アルザス地方の中では2番目に大きな町です。とはいっても、町の中をゆったり流れる運河や、カラフルな木組みの家々は、とてものんびりした雰囲気。ストラスブール同様、クリスマス頃が観光のトップシーズンです。
→コルマールについて詳細はこちら(フランス観光開発機構オフィシャルサイト)

コルマール
(写真すべて:コルマールのクリスマス風景)

このページの先頭に戻る


トップページ 特定商取引法に基づく表示 プライバシーポリシー