ショップ紹介
フランス・アルザス地方の小さな村で何百年も前から作られている伝統的な陶器...なんて聞くと、なんとなくわくわくしませんか。trait d'avion(トレダヴィヨン)では、職人さんによってひとつひとつ丁寧に作られるSoufflenheim (スフレンハイム焼き) を中心にアルザス地方の雑貨をお取り扱いしています。
さらに詳しく
店名の由来
スフレンハイム焼きとは
ひとつの器ができるまで
アイテムから探す
アルザス地方ってどんなところ?
陶器のお手入れについて
リンク
クグロフ アルザス 陶器
 
クグロフ アルザス 陶器

Kouglof:クグロフ(ドイツ語ではKugelhopf:グーゲルフップフ)は、帽子のような形の型で焼き上げる干しぶどう入りのブリオッシュで、アルザス地方を代表するお菓子のひとつです。アルザス地方のパン屋やお菓子屋さんのショーケースにはクグロフが並んでおり、また、アルザスの家庭には一家に1つはクグロフの型があるらしく(大阪でいうと、たこ焼き器みたいな感じ?)、お祝い事やクリスマスなどの際に焼く習慣があります。

クグロフ アルザス 陶器

クグロフの起源にはさまざまな説があります。
たとえば、キリストの誕生を祝いに来た東方の三博士がアルザス地方リクヴィルのパティシエKugelさんの親切に感謝して焼いたものである(パティシエを差し置いて博士が焼いたのか?!)という宗教の観点からのものや、東方の三博士が、教会を出たときに、かぶっていた帽子を忘れ、十字軍の遠征の帰りに、ストラスブールのお菓子屋さんで型として使われているのを見つけた(拾った帽子をクグロフの型にしたパティシエ斬新すぎるなしかし!)という少しおとぎ話系のもの、はたまた、オーストリアで既に流行っていたクグロフを、あのマリーアントワネットがフランスにお嫁入りする時に持ち込んだという説(これが一番有名&しっくりくる!?)などがあります。ちなみに、マリーさんの有名なセリフ『パンがなければお菓子を食べればいいじゃない?』の『お菓子』とは『クグロフ』であるという話もあったり。
  クグロフ アルザス 陶器
 
クグロフ アルザス 陶器

クグロフの型には、シリコン加工されたものやブリキなど異なった材質で作られたものも多数ありますが、陶器の型を使うと、熱がゆっくりとそして均一に伝わるため、より『ふんわり』とした仕上がりが期待できます。現在も、アルザス地方のパン屋さんやお菓子屋さんは、陶器のクグロフ型にこだわって使い続けている職人さんが多いとのこと。
また、なんといっても、見た目もとてもかわいいので、使わない時は、デコレーションとしてキッチンに飾っておくのも素敵です。

クグロフ アルザス 陶器

アルザス在住主婦、ブリジットさんに教えてもらった『本場のクグロフレシピ』をご紹介します。
今回は、基本の『干しぶどう入りクグロフ』のご紹介ですが、ベーコンとくるみを入れた[辛い系]のクグロフも、アペリティフ(食前酒)のお供としてとても人気がありますので、レシピを入手したらご紹介させていただきます。また、クグロフ用の型ではありますが、使い方は自由です。たとえば、パウンドケーキを焼くのに使ったりもできますよ♪


クグロフ 18cm型用(5〜7人分)
[所用時間]
約2時間半
[材料]
-小麦粉 230g
-イースト 18g
-全卵 小2個
-バター 70g
-牛乳 45ml
-砂糖 45g
-塩 5g
-レーズン 30g
-ラム酒 30ml
-アーモンド 30g
-粉砂糖 適量

☆クグロフの型を使用する前に☆
バターあるいはマーガリンを陶器内部に塗り、100℃にあたためたオーブンで15分焼いて下さい。
この作業を2回繰り返すとより型離れがよくなります。

[作り方]
(1)レーズンをラム酒に浸ける。
(2)電子レンジで牛乳を人肌程度(35°C〜40℃)に温める。
(3)ボウルに小麦粉、砂糖、塩、イースト、(2)の牛乳、卵を入れる。
(4)バターを少しずつ加えながら生地がボウルからはなれるまでひたすらこねる。
(5)布巾を掛けて、生地が膨らむまで45分〜1時間放置する。
(6)オーブンを180℃にあたためる。
(7)レーズンを生地に混ぜ入れ再度こねる。
(8)型離れしやすくするために、型の内壁にマーガリン、あるいはバターを塗る(分量外)。
(9)アーモンドをクグロフ型の底の隙間へ並べる。
(10)生地を型の中に入れ(アーモンドの上にかぶせる)、生地がさらに、+0.5〜1cmぐらい膨らむまで放置。
(11)あたためておいたオーブンへ入れ約12分(オーブンによって若干の差あり)
(12)オーブンから出して、中まで焼けているようだったら、型から抜き、粉砂糖をふりかけて完成!

☆クグロフの型を使用した後は☆
使用後は水で洗わず、湿らせたふきんで拭くだけでOKだそうです。...え?洗わない?そうなんです。なんでも、洗わない方が型抜けしやすくなるとのことで、工房の方にも『洗わないように』と言われました。
(もちろん、気になるようだったら洗ってもOKです♪)
 



トップページ 特定商取引法に基づく表示 プライバシーポリシー